ネコという意味のマレーシアの町『クチン』

ネコという意味のマレーシアの町『クチン』

マレーシア、サラワク州の州都クチン。
マレーシアに行こうと旅行の計画を立ててクチンに行こう!と思う人はきっと稀なはず。
どちらかというと足蹴もなくマレーシアを訪れ、クアラルンプール、ランカウイ、ペナン、コタキナバルなど主要な都市は行ったことがあるマレーシア通が訪れる都市がクチンです。
クチンの意味はずばり「ネコ」。
さぞや猫だたくさんいるんだろうと期待!?してクチンも町を歩くとびっくりするぐらい猫がいない(笑)。あれ~。。。猫はどこ~?

気を取り直してクチンの魅力をずばり言います。
「散歩がめちゃめちゃ楽しい♪」
これにつきると思います。
目的もなく町をぶらぶら歩ける大きさ、大きな川があり、川沿いを早朝歩いたりするととっても気持ちがよい。旅好きな人は好む、川があって町が小さくて、ローカルな雰囲気が残る田舎でグッとくるおしゃれなカフェがある。それがクチンです。

基本は早朝サラワク川沿いを散歩

渡し舟がノスタルジック

川沿いの向かいの街並み

旅してるな~ってなんか思えるレトロな雰囲気が魅力

裏路地楽しいです♪

こっちの裏路地も魅力的

1時間以上歩いてやっと発見!ネコ。写真取れてよかった!

至って普通のネコ

お土産屋さん通りは「ザ☆マレーシア」という似たり寄ったりの品揃え。たくさんのお店で同じものを売るのは旅行者としてはちょっと寂しい。。

お土産屋さんがずらりと並びます

クチンのお土産の定番。バリ島の茶茶じゃないよ。。汗

おしゃれなカフェが多いクチン。こちらは工場の跡地っぽいカフェ。

いかがでしたでしょうか?
クチンだけを目的とした旅行をする方はほとんどいません。バコ―国立公園やセメンゴ ワイルドライフ リハビリテーション センターへ行く拠点としてクチンに滞在する人が圧倒的に多いです。
何があるわけでもないんですが旅をして心に残る町ってありますよね!渡し舟、裏路地、普通のローカルなマレーシア。観光地に飽きたらクチンをぜひ訪れてあなたもマレーシア通になろう!